2013年11月25日月曜日

イギリスから帰国しました

11月22日にイギリスから帰国しました
今回は ロンドン不動産(住宅)の視察が目的でした

取り敢えず 大雑把なポイントと感想を述べます 詳しくは弊社にお越しください
・英国の政策で ロンドンには世界中から お金と人が集まっている
・リーマンショック後に不動産価格は平均約20%下落したが 現在は上昇中
・住宅として賃貸しした場合の 想定投資利回りは 4%位
・ロンドンの住民構成は52%が他国からの移民である 移民の高額所得者も多い
・不動産価格は地区(住民構成)によって全く異なる 高級住宅街はハイドパークの周囲
・中心部の不動産の多くは借地で 残期間が70年を下回ると評価が下がる
・煉瓦住宅がとても多い 新しい建物より古い建物の方がむしろ評価されている
・不動産業者も多いが営業するのに 免許は必要無い(日本のコンサルタントと同じ)
・不動産取引(売買や賃貸)の手続きは基本弁護士に依頼し 物件調査は鑑定士に依頼
ハイドパーク周囲 メイフェア地区の高級住宅街 煉瓦と石で作られている
多くは借地物件で 土地所有者はランドロードと呼ばれている(法人も有り)
建物や景観維持の制限も厳しく 新築や大規模開発の物件は ほぼ無い
築百年で借地の1ベッドルーム(1LDK)でも 1億円以上の物件が多い
 
郊外の住宅街 やはり煉瓦建築がほとんど 土地所有物件も出易いが
地区により 価格が大きく異なる 大規模新開発の高層物件も結構ある
 
地下鉄の車内 キレイな英語(分かりやすい)・方言の英語・移民ぽい英語・ 
フランス語・スペイン語・ロシア語・ドイツ語・イタリア語・ヒンズー語・アラビア語
・中国語・その他私には不明な言語・・・色々な言語の話声が聞こえてくる

0 件のコメント:

コメントを投稿