2013年12月6日金曜日

「道のうた」 森川りう

道のうた

これから通る
今日の道 新しい道
通りなおしの出来ぬ道

苦しいことから逃げていると
楽しいことからも遠ざかる

感謝の心
みんなあるはず出せるはず
勝つ人は強いが
譲る人はさらに強い
人の世は 山坂多い旅の道

長所はうぬぼれると短所になる
短所は自覚すれば長所となる

やり手になるな
まかせられる人になれ

如何な云いわけも
自分の愚かさを隠すことが出来ない

出来ることはやろうとせず
出来ぬことばかり心配している

知りながら
つい忘れがち親の恩

幸福はどこにも見えず
誰にも知れず
だけどみんなのそばにある

過去が現在を作り
現在が未来を作る
苦しいとも苦しさの中に学ぶものを見よ
自分より他に自分を苦しめる者はいない

むつかしいことは知らなくとも
人の悪口を言わないだけでとくになる

腹を立てまい
つとめてたてまい
腹をたてると寿命が縮む

人を困らせて得たものは
自分の身につかぬ
人の欠点には良く気づくが
善行や長所は見のがしやすい
身なりより光るあなたの心掛け

ああして
こうして
計画満点
実行せぬは玉に傷

ほめられて喜ぶ人は多いが
しかられて反省する人は少ない

与えても
減らぬ親切 残る徳
成り行きは偶然に来るものではない

いやな仕事も喜んでやれば
好きな仕事に変わってくる

人の世話はよく出来ても
人に恩を着せぬ事むつかしい

右でもない 左でもない
まことの道がある
仕事も人の心と身になって

金は重要なもので神通力がある
ところが
金を我が身の攻め道具にする人がある

豊かだから与えるのではない
与えるから豊かになる

笑顔でお早う
感謝でお休み
希望と感謝と反省の日を重ねつつ
我が生涯を意義深く

0 件のコメント:

コメントを投稿